ホーム
メインビジュアル
京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻

京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻は教育・研究水準、多様性ともに世界有数の環境工学のプログラムです。人類社会が直面する環境問題の解決のために、先進のテクノロジーを起点にフィールドに飛び出し、実践的な解決方法を提案します。また、ときには学問分野の壁を軽々と越え、新しい解決法を探ります。
あなたが取り組んでみたい環境研究の最先端が必ずここにあるはず。一緒にチャレンジしてみませんか。

研究室紹介 スペシャルサイトバナー

お知らせ

2016年11月09日

平成29年2月実施(修士課程および博士後期課程)および平成29年8月実施(修士課程および博士後期課程) の大学院入試の説明会を開催いたします。ご興味のある方は是非ご参加下さい。詳細はこちら

2016年09月13日

(環境共生未来都市実現への環境工学の挑戦 第1回シンポジウム)

「次世紀へ生き残るために、地球温暖化の先にある世界 − 高度循環型低炭素社会実現への挑戦!— 」

主催:京都大学環境衛生工学研究会
共催:京都大学
後援:日本経済新聞社
日時:2016年10月4日 12:50-17:00(受付開始12:00)
場所:京都大学百周年時計台記念館百周年記念ホール
参加費:無料(要事前申込)
懇親会:17:30-19:30 京都大学芝蘭会館山内ホール
(要事前申込, 参加費:7,000円(予定))
  • 開会挨拶:北野 正雄 京都大学理事・副学長 12:50-13:00
  • 小林 正明:環境事務次官(基調講演) 13:00-13:40
    環境省が描く未来世界
  • 村田 佳壽子:環境ジャーナリスト(特別講演) 13:40-14:10
    ジャーナリストから見た低炭素都市実現への期待とその鍵
  • 松岡 譲:京都大学名誉教授 14:10-14:35
    地球温暖化と低炭素社会
  • 酒井 伸一:京都大学教授 14:35-15:00
    循環を基調とした社会に向けて−温室効果ガスを含めた廃棄物から社会を視る
  • 田中 宏明:京都大学教授 15:15-15:40
    捨てる」から「使う」水環境インフラの未来
  • 森口 祐一:東京大学教授 15:40-16:05
    循環型・低炭素社会に向けた環境システム学の役割
  • パネル討論 16:05-16:55
    司会:久保田啓介(日本経済新聞社編集委員兼論説委員)
  • 閉会挨拶:伊藤 禎彦 京都大学工学研究科都市環境工学専攻長 16:55-17:00
参加申込方法:9月26日までに電子メールで(電子メールのタイトルを「低炭素シンポ」として下さい)、所属、役職(学生の場合は学年)、氏名、シンポジウム・懇親会参加の有無を下記問合せ先までお送り下さい。
定員:500名(定員に達し次第締切)
問合せ先:京都大学工学研究科都市環境工学専攻内シンポジウム事務局(担当:米田)
メールアドレス:sympo@env.kyoto-u.ac.jp
電話:075-383-3355,  FAX:075-383-3358

 

2016年04月02日

平成28年8月実施(修士課程および博士後期課程)の大学院入試の説明会を開催いたします。ご興味のある方は是非ご参加下さい。5月21日,5月31日に説明会を追加しました。詳細はこちら

2015年10月22日

平成28年2月実施(修士課程および博士後期課程)の大学院入試の説明会を開催いたします。ご興味のある方は是非ご参加下さい。詳細はこちら


2015年03月18日

平成27年8月実施(修士課程および博士後期課程)の大学院入試の説明会を開催いたします。ご興味のある方は是非ご参加下さい。詳細はこちら