ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / Nature Sustainability誌への論文発表についてプレスリリースを発表しました(2021年7月9日) 掲載日:2021/7/6

Nature Sustainability誌への論文発表についてプレスリリースを発表しました(2021年7月9日) 掲載日:2021/7/6

掲載日:2021/07/12

藤森真一郎 准教授、AI Zhipin 国立環境研究所特別研究員、花崎直太 同室長、長谷川知子 立命館大学准教授、ポツダム気候影響研究所らの研究グループは、水資源の制約が世界規模でのバイオエネルギー生産にもたらす影響を推定しました。

本研究グループは、詳細なシミュレーションを実施し、食料生産、生物多様性の保全、他の用途での水利用、水源の持続可能性などを考慮すると、灌漑はBECCSの最大実施可能量(栽培可能面積を最大限利用してエネルギー作物を生産してエネルギー利用・二酸化炭素回収・貯留を行うことで大気中から除去できる二酸化炭素量)をわずか5-6%しか高められないことを明らかにしました。

京都大学ホームページ研究成果】https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research-news/2021-07-09


【論文】https://www.nature.com/articles/s41893-021-00740-4