ホーム / 専攻の紹介 / 研究室・教員 / 都市衛生工学

都市衛生工学

都市の高度な発達は利便性を増大させますが、同時にさまざまな潜在的危険性(リスク)を生じる結果となります。当研究室では、都市のもつ諸機能の内、水供給問題を中心にとりあげ、その安全性や安定性の確保法について追求しています。

安全性確保においては、特に環境ヘルスリスクの制御を重視しています。研究手法としては実験的研究と計画的研究があり、その双方を推進しています。実験的研究では、環境ホルモンや発がん物質などの微量汚染物質問題に対応するため飲料水の安全性評価に関する研究、高度水処理技術を中心とする水の浄化システムの開発研究などをおこなっています。計画的研究では、量的・質的問題の双方を対象とした水源の広域管理計画の研究、水消費者の心理分析に基づく環境計画への市民の視点の組み込み手法の研究などに取り組んでいます。

教員

伊藤 禎彦 ( Sadahiko ITOH )

伊藤 禎彦教授(工学研究科)

研究テーマ

人々の健康や生命はさまざまな環境上の問題によって脅かされますが、これを技術によって保護していくことを目標としています。この観点から、飲み水としての安全性の評価と制御に関する研究、流域の水循環システムにおける水供給システムのあり方の研究、水需要者の心理分析に基づく情報公開とアカウンタビリティに関する研究などに取り組んでいます。

連絡先

桂キャンパス Cクラスター1 232号室
TEL: 075-383-3254
FAX: 075-383-3256
E-mail: itoh@urban.env.kyoto-u.ac.jp

小坂 浩司 ( Koji KOSAKA )

准教授(工学研究科)

研究テーマ

連絡先

浅田 安廣 ( Yasuhiro ASADA )

浅田 安廣助教(工学研究科)

研究テーマ

障害調整生存年数(DALYs)を指標としたヒトに対する健康影響に基づく水道水の微生物リスク管理手法の構築のために、水道水中の病原体に起因する微生物リスク定量及びその精度向上に関する研究に取り組んでいます。

連絡先

桂キャンパス Cクラスター1 231号室
TEL: 075-383-7502
FAX: 075-383-3256
E-mail: asada@urban.env.kyoto-u.ac.jp

研究テーマ・開発紹介

安全で安心な飲料水の確保を目的としたカルキ臭低減型浄水処理システムの開発

浄水処理技術の進歩に伴い,水道水の安全性向上が図られてきた一方,利用者からのおいしい(=カルキ臭のない)水道水に対する要求はますます高まっています。

当研究室では,これらの要求に応え,かつ安全性を確保した水供給を実現するため,酸化処理と陽・陰イオン交換処理を組み合わせた新しい浄水処理プロセス(カルキ臭低減型浄水処理)の開発に取り組んでいます。

この研究では,パイロットスケールの浄水処理プラントを用いて,水道水の快適性,安全性(特に消毒副生成物)および微生物的安全性といった現在の浄水処理プロセスの抱える問題点を一挙に解消することを試みています。

高度リスク管理型水循環・再利用システムの構築

気候変動が進み,特に都市部を中心とした水資源の不安定性が増しつつある状況を背景として,下水処理水の再利用を軸とした都市内水循環システムの構築が急がれています。しかし,下水処理水には一般有機物や病原微生物,人体用医薬品に代表される微量汚染物質が,通常の水環境よりも高い濃度・頻度で混入しているため,これらによる健康リスクの制御を厳密に行っていく必要があります。

この研究では,都市地下帯水層の水質変換機能を活用した下水処理水の間接的再利用システムの構築に取り組みます。具体的には,

  • 地下浸透処理や浄水処理による腸管系細菌やウイルス類の除去・不活化評価
  • 質量分析技術を駆使して微量汚染物質や溶存有機物の変化を解明

に関する実験を行い,下水処理・浄水処理を含めた水循環・再利用プロセスで要求される処理能を提示します。

社会環境変化に適応した上下水道システムの構築研究

わが国が人口減少社会に移行してすでに数年が経過し,上水道,下水道システムもこれに適応させることが求められている。今後,集中・分散を組み合わせた上下水道システムの再構築,経年化浄水施設・管路の高度管理化と更新,震災等の災害対応,市民ニーズに対応できる浄水処理と配水システムの高機能化,新規開発技術の導入など数々の課題を抱えることとなります。

研究室ウェブサイト

http://www.urban.env.kyoto-u.ac.jp/